わんこのヒゲは切ってもいいもの?犬のヒゲについての疑問を解決しよう

猫にとってヒゲが大切だということはわかるでしょう。とはいえ犬も同じです。ヒゲがないと困ります。もちろん毛の一種ですから、定期的に抜け変わります。そうしたメカニズムを知っておくと、心配しなくて済みますよ。

ヒゲはセンサーです

人間にとってヒゲは、ファッションであったりムダ毛かもしれません。とはいえ犬にとってヒゲは生活必需品です。時代が変わってもセンサーとしての働きは健在です。
ヒゲの根元には多くの神経が集中しています。ヒゲが微妙に動くことで、様々なことを察知します。例えばヒゲが感じる風の流れで周辺の状況を確認しているのです。ネコと同じようにヒゲの幅で自分が通れる道かどうかを判断します。
そもそも犬は視力が弱いので、目以外の感覚器が発達しています。手が使えない代わりに、皮膚感覚なども鋭敏になっているようです。

ヒゲは定期的に生え変わります

ヒゲも体毛の一種です。そのため定期的に生え変わります。だからヒゲが床に落ちていても心配ありません。とはいえ飼い主の都合で引っ張ったりしてはいけません。抜いたらやっぱり痛いです。
犬種によりますが、ヒゲも白髪になることがあります。いわゆる老化です。この場合には、他の体毛も薄くなっていないでしょうか。栄養状態が悪かったり病気の可能性もあるので、優しく労わってあげましょう。

新しい犬種では変わっています

犬の種類が多様になりました。またペットとして飼われる期間が長くなり、新しく作られた犬種では室内の温和な環境を好むように改良されています。そうなると人間と同じです。様々な感覚器官が働かなくなってくるようです。
そういうタイプの犬であれば、ヒゲの必要性も変わってきます。飼い主が十分に保護してあげられるのであれば、ヒゲはなくても問題ないのかもしれません。ただし野生の本能がむき出しのような犬種なら、ヒゲも大切に扱ってあげましょう。

ヒゲを切る前に考えよう

トリミングなどで毛を刈ってもらうことがあります。その際にヒゲも揃えてくれます。もちろん専門家がやっていることですが、犬の気持ちも考えてみたいですね。